転職活動の際に、円満に内定辞退をするコツ

経済が活況を示しだすと、積極的に転職活動をする人が増えます。出来るだけ条件の良い職場に移ろうと考えた時、それまでの職場を円満に退社したいと考えるのは人情でしょう。また、いくつもの求人に応募した結果、人によっては複数の企業から内定を頂くケースもあります。IT関連の技術職では、常に人材が不足している状態ですし、コンサルタント的な仕事でスキルがあれば、引く手あまたという話も聞きます。

社会人としてのキャリアが豊富で有ればある程、内定辞退を慎重に行うべきだという事は十分理解されていると思われます。しかし、実際に内定を断るのは円満にはいかないものでしょう。企業の人事課にとって、採用関する時間と労力は並大抵のものではないからです。出来れば、突然の辞退という状況にならないよう、慎重に面接に臨みましょう。仕事の内容はもちろんのこと、待遇面の細かなポイントを把握し、自分に合わない点などを具体的に説明できるようにしておくと辞退の時の理由になります。実際に辞退をする際は、誠心誠意尽くす事を忘れないようにしましょう。